nicolo

profile

Japanese/English

1974年、北海道帯広市生まれ。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。
卒業制作『鬼畜大宴会』が第20回ぴあフィルムフェスティバルにて準グランプリを受賞し、大ヒットを記録。第48回ベルリン国際映画祭パノラマ部門他、10カ国以上の国際映画祭に招待される。さらに第28回イタリア・タオルミナ国際映画祭グランプリに輝き、一躍注目を浴びる。
PFFスカラシップ作品『空の穴』では、第51回ベルリン国際映画祭ヤングフォーラム部門に、第30回ロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞・スペシャルメンションを授与。その後も第60回ベネチア国際映画祭コントロコレンテ部門(コンペティション)で話題をまいた『アンテナ』や、『揮発性の女』、『青春☆金属バット』、『フリージア』など次々と話題作を発表。

2008年、『ノン子36歳(家事手伝い)』は、第38回ロッテルダム国際映画祭スペクトラム部門他、数々の国際映画祭に出品、また「映画芸術」誌の2008年度日本映画ベストテンで1位を獲得、国内外で注目を集める。

2010年12月公開の『海炭市叙景』では、プロの俳優陣とオーディションやスカウトによる撮影地・函館市民の共演が話題を呼んだ。
同作は第23回東京国際映画祭コンペティション、第12回シネマニラ国際映画祭グランプリ、また出演者全員に対するアンサンブル・キャストで最優秀俳優賞を受賞、第13回ドーヴィルアジア映画祭審査員賞、2010年松本CINEMAセレクト・アワード最優秀映画賞、第25回高崎映画祭特別賞と、受賞が相次ぐ作品となった。

2012年9月、映画『莫逆家族 バクギャクファミーリア』、オムニバス映画『BUNGO~ささやかな欲望~人妻』が公開。
ブラジルの映画祭INDIE 2012で『鬼畜大宴会』から『海炭市叙景』までの作品がレトロスペクティブ上映される。
最新作は、2013年公開予定の映画『夏の終り』。

[監督作品]

1997 映画 『鬼畜大宴会』 製作・監督・脚本・編集
2001 映画 『空の穴』 監督・編集(脚本:熊切和嘉・穐月彦)
2003 映画 『アンテナ』 監督(脚本:宇治田隆史・熊切和嘉)
2004 中編映画 『夏の花火編 あさがお』 製作・監督・編集(脚本:宇治田隆史・熊切和嘉)
中編映画 『冬の花火編 妹の手料理』 製作・監督・編集(脚本:宇治田隆史・熊切和嘉)
中編映画 『日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場 爛れた家~蔵六の奇病より~』 監督
映画 『揮発性の女』 監督・編集(脚本:宇治田隆史・熊切和嘉)
PV 「遡河魚」野狐禅 監督・編集
2006 映画 『青春☆金属バット』 監督
2007 映画 『フリージア』 監督
2008 ドラマ 「東京少女 セピア編 疾走少女」(BS-TBS) 監督
ドラマ 「東京少女 瓜生美咲 三角関係の恋」(BS-TBS) 監督
ドラマ 「トンスラ」第10話 (NTV) 監督
映画 『ノン子 36歳(家事手伝い)』 監督
2010 映画 『BUNGO ~日本文学シネマ~ 魔術』(TBS) 監督
短編映画 『プラスワンvol.3 鶴園家のめまい』 監督
映画 『海炭市叙景』 監督
2012 映画 『莫逆家族 バクギャクファミーリア』 監督
  映画 『BUNGO ~ささやかな欲望~ 人妻』 監督

[編集]

2007 映画 『おそいひと』 (監督:柴田剛)

[メイキング]

2004 映画 『盲獣VS一寸法師』 撮影(監督:石井輝男)
2008 映画 『TOKYO!<メルド>』 撮影・編集(監督:レオス・カラックス)

[受賞歴]

1997 映画 『鬼畜大宴会』
第48回ベルリン国際映画祭パノラマ部門 【ドイツ】
第28回タオルミナ国際映画祭グランプリ受賞 【イタリア】
第20回ぴあフィルムフェスティバル PFFアワード 準グランプリ受賞
第23回おおさか映画祭 自主製作賞
第26回香港国際映画祭
第16回リーズ国際映画祭 【イギリス】
トロント国際映画祭 【カナダ】
ストックホルム国際映画祭 【スウェーデン】
エクスグラウンド映画祭 【ドイツ】
ヒホン国際映画祭 【スペイン】
エトランジェ映画祭 【フランス】
ヘルシンキ国際映画祭 【フィンランド】
ロサンゼルス映画祭 【アメリカ】
台北映画祭 【台湾】
パリ日本文化会館で「現代日本映画番外編-関西からの声-」特集にて上映
【11/フランス】
INDIE 2012 【12/ブラジル】
他、国内外多数


2001 映画 『空の穴』
第51回ベルリン国際映画祭インターナショナルヤングフォーラム部門 【ドイツ】
第30回ロッテルダム国際映画祭 国際批評家連盟賞 スペシャルメンション(特別賞)授与
【オランダ】
ニュー・ディレクターズ / ニュー・フィルムズ 【01/アメリカ】
第37回ペサロ映画祭 【イタリア】
ブリスベン国際映画祭 【01/オーストラリア】
エディンバラ国際映画祭 【01/イギリス】
香港国際映画祭 【02/香港】
バンコック国際映画祭 【タイ】
パシフィック・フィルム・アーカイブ 【アメリカ】
インド国際映画祭 【07/インド】
第10回台北映画祭 【台湾】
パリシネマ国際映画祭 【10/フランス】
INDIE 2012 【12/ブラジル】
他、国内外多数


2003 映画 『アンテナ』
第60回ベネチア国際映画祭コントロコレンテ部門(コンペティション) 【イタリア】
第28回トロント国際映画祭 【カナダ】
第3回ニューヨーク・アジア映画祭 【04/アメリカ】
第6回ブラジリア国際映画祭 【04/ブラジル】
第8回サンフランシスコ・アジア映画祭 【04/アメリカ】
第12回レインダンス・フィルム・フェスティバル 【04/イギリス】
第41回台湾金馬奨映画祭
第5回サンフランシスコインディペンデントフィルムフェスティバル
ドンファン・フィルム・フェスティバル 【07/イタリア】
第5回カレンディドンナ08 【08/イタリア】 (※イベントの一環としての上映)
シンガポール日本映画祭 【11/シンガポール】
INDIE 2012 【12/ブラジル】


2004 中編映画 『冬の花火編 妹の手料理』
シネアジアフィルムフェスティバル 【ドイツ】
中編映画 『日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場 爛れた家~蔵六の奇病より~』
INDIE 2012 【12/ブラジル】
映画 『揮発性の女』
第23回バンクーバー国際映画祭 【カナダ】
第33回ロッテルダム国際映画祭 【オランダ】
第6回ニッポン・コネクション 【06/ドイツ】
第7回バルセロナ・アジア映画祭 【06/スペイン】
ニュー・エイジアン・フィルムメーカーズ06 【06/スペイン】
INDIE 2012 【12/ブラジル】


2006 映画 『青春☆金属バット』
第35回ロッテルダム国際映画祭 【オランダ】
第8回バルセロナ・アジア映画祭 【スペイン】
第22回ワルシャワ国際映画祭 【ポーランド】
第7回アジアティカ・フィルム・メディアーレ映画祭 【06/イタリア】
第8回サンフランシスコインディペンデントフィルムフェスティバル
第8回ハンブルグ日本映画祭 【07/ドイツ】
シンガポール日本映画祭 【11/シンガポール】
INDIE 2012 【12/ブラジル】


2007 映画 『フリージア』
第36回ロッテルダム国際映画祭 【オランダ】
キノタヨ映画祭 【フランス】
INDIE 2012 【12/ブラジル】
他、国内外多数


2008 映画 『ノン子 36歳(家事手伝い)』
第38回ロッテルダム国際映画祭
第9回ニッポンコネクション ニッポンシネマ部門 【09/ドイツ】
第44回カルロヴィバリ国際映画祭 【チェコ】
ジャパンCUTS 【NY】
第9回TOKYO FILMeX2008 コンペティション部門
ロンドン映画祭
第10回ハンブルグ日本映画祭 【ドイツ】
第11回シネマニラ国際映画祭 【フィリピン】
2008年「映画芸術」誌 日本映画ベストテン1位
2008年度年鑑シナリオ代表作品選出
INDIE 2012 【12/ブラジル】
他、国内外多数


2010 映画 『海炭市叙景』
第23回東京国際映画祭コンペティション
第12回シネマニラ国際映画祭グランプリ、最優秀俳優賞受賞 【10/フィリピン】
第13回ドーヴィル・アジア映画祭 審査員特別賞受賞 【11/フランス】
第12回全州国際映画祭 【11/韓国】
第11回ニッポン・コネクション 【11/ドイツ】
シンガポール日本映画祭 【11/シンガポール】
第25回高崎映画祭特別賞受賞
第65回毎日映画コンクール撮影賞 音楽賞受賞
第84回キネマ旬報ベスト・テン第9位
「映画芸術」誌 日本映画ベストテン9位 【10】
松本CINEMAセレクト・アワード 最優秀映画賞受賞 【10】
ジャパンCUTS 【11/NY】
高雄国際映画祭 【11/台湾】
カメラジャパン・フェスティバル 【11/オランダ】
VIENNALE Vienna International Film Festival 【11/オーストリア】
パリ日本文化会館で「現代日本映画番外編-関西からの声-」特集にて上映
【11/フランス】
INDIE 2012 【12/ブラジル】


2012 映画 『莫逆家族 バクギャクファミーリア』
第4回沖縄国際映画祭プレミア上映 【12】
  映画 『BUNGO~ささやかな欲望~人妻』
  第8回山形国際ムービーフェスティバル 【12】